Floating代表・院長

白澤啓

【施術家としての養成、卒業校】

★ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー卒業(全日制3年+インターン終了

★日本オステオパシーメディスン協会 併設クリニック(院長として外来担当)

★ジョン:ワーナム クラシカルオステオパシー大学(イギリスにて実技研修)

★ウェストバージニア オステオパシー医科大学(アメリカにて解剖、実技研修)

★ウィーン・スクール・オブ・オステオパシー(Physioenergeticsの実技習得)

★Upledger Institute JAPAN(クレニオセイクラルセラピー、頭蓋仙骨治療の実技習得)

★Upledger Institute U.S.A(フランス式のMechanical Linkの実技習得)

★東京大学医学部付属病院 神経内科研究員(脳の磁気刺激療法と電磁場の身体作用を研究)

★日本ダウジング協会、英国ダウジング協会(エネルギーレベルの波動、磁場等の分析、調整法を習得)

Medical Dowsing Arts 全身施療システムを開発(肉体からサトルボディの経年分析と連結調整)

 


 

オステオパシー治療の国際水準となるMRO認定を取得後、海外のオステオパシー大学の名医数人から上級施術を習得する。

経年変化で違いが出る本物の治療を熟知。スローライフと生涯現役の両立を目指している。

 


【好きな映画・漫画】

『ラ・ラ・ランド』、シェーン、NARUTO、ルパン三世

【好きな歴史上の人物】

山岡鉄舟、白洲次郎

【出身】

神奈川県川崎市麻生区岡上(鶴川駅)

小田急線沿線で育つ。

【学歴・職歴】

神奈川県立 多摩高等学校卒業

東京外国語大学 外国語学部卒業(インドネシア学科)

スパ&デイスパ事業の開発および運営にかかわる(専門商社に勤務)

ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー卒業(全日制3年)


 

【退社から開業まで】

日本オステオパシーメディスン協会 付属クリニックに勤務(院長)

オステオパシーの治療セミナーの運営や講師の補佐にかかわる。

東京大学医学部付属病院 神経内科第2研究室に勤務(宇川義一先生のもと)

脳の磁気刺激療法、携帯電話の電磁場の生体臨床実験を行い、医学論文を共同発表。

医学論文(英語)はこちら

当院からの紹介制

施術・講習を担当

藤谷 綾子

Floating神楽坂院で代表の施術助手を務めた後、麻布院の院長(麻布十番駅)として5年勤務。

その後、フリーランスに転身。現在は港区の麻布十番、六本木エリアの提携スペースと出張施療で、定期ケアのクライアントの施術、各種のコンサルティングを担当。

Floatingと共同で開発したM.D.A療法の専任講師としても活動。初心者向けの基礎クラスからプロのセラピスト養成のための講習レッスンを並行して受付しております。

 

【職歴】

芸能事務所にて外部アドバイザー。

内科・心療内科クリニックにて代替療法の施術担当。

難治性、再発性の症状の患者に対する治療方針の相談、医薬と漢方薬、ホメオパシーレメディ等のマッチング、食事、環境、ライフスタイル、事業面についてのコンサルティング経験も豊富。

 

代表白澤よりご挨拶

img_3632-1.jpg

Floating(フローティング)のホームページをご覧頂きありがとうございます。

当院はオステオパシー徒手医学の協会や医療の関係者から多大な支持を頂き、2005年から開業の歩みを続けております。

私自身は膝痛や腰痛、下半身の痺れや筋力低下、冷え性、うつ病、男性機能低下などに10年近く悩み、自身の治癒を進めながら完治させた経緯があります。

当時は大学生でしたが、なけなしのバイト代を全て治療代(医療、整体、鍼灸、ヒーリング、漢方、食養、トレーニングなど)につぎ込み、多くの専門家からサポートを頂きました。

それでも一向に改善せず、エネルギーの枯渇感や無力感、将来の不安感に苦しんだ当時のことを覚えています。

こうした経験が糧となり、クライアント様ひとりひとりに合わせた、繊細な施術のアプローチが発展しました。

フローティングは施術の仕事をライフワークと考える少数精鋭のチームで運営されています。

皆様からのご依頼、ご支援を承れるよう励み続け、良いサポート関係を築ければ幸いです。

お身体のことで気になることや不安な点がございましたら、ご来院の前でも何なりとご相談くださいませ。