オステオパシーとは

オステオパシーは国際水準の整体法です

オステオパシーとは、1874年に米国の外科医A.T.Stillが創案した全身の治療体系です。

オステオパシーは人体の解剖生理に基づいた、安全性と効率性の高い手技整体を用い、欧米を中心に約18カ国の代替医療の現場で普及しています。

オステオパシーの施術を受けることで骨、関節、靭帯、筋膜、内臓、血管、リンパ、神経、皮膚など身体のあらゆる組織に蓄積した緊張や負担が軽減されていきます

 

オステオパシー+最高峰のホリスティック療法を併用

フィシオエナジェティック イラスト2

次世代の健康管理に必須となるエネルギー医学の理論、優れたホリスティック療法を国際水準で導入。

クライアント様が深い治癒と回復を得られるように、施術の質と環境作りにも配慮しております。

そのため当院では1日3~5名程度のプライベート施術とさせて頂いております。

 

イラストでみるオステオパシーの症例解説

オステオパシーの適応範囲は広く、身体の痛みから精神の不調まで多くの改善例がございます。

当院ならではのオステオパシーの症例、健康観などをブログで更新しておりますのでご覧下さい。

オステオパシーの症例一覧バナー