オステオパシーは国際水準のヘルスケア

オステオパシーは、1874年に米国の外科医A.T.Stillが創案した医学ベースのヘルスケア・システムです。

オステオパシーは人体の解剖生理に基づいた、安全性と効率性の高い手技療法を用い、欧米を中心に約18カ国の医療、代替医療の現場で普及しています。

オステオパシーの手技療法は西洋医学の解剖学・生理学・神経学・病理学・運動力学・栄養学等をベースにしつつ、ホリスティックな健康観(肉体・精神・霊的次元・環境とのバランス等)を重視します。

身体の痛みや固着、不調や病気につながる【骨格の歪み】【動きの制限】【姿勢不良】【血行不良】【水分停滞】【治癒力低下】【免疫力低下】などの状態を分析し、本来の健康体へと整えていきます。

 

 

オステオパシー徒手医学の適応症

 

オステオパシー+最高峰のホリスティック療法を併用

フィシオエナジェティック イラスト2

次世代の健康管理に必須となるエネルギー医学の理論、優れたホリスティック療法を国際水準で導入。

肉体面だけでなく、精神面・生化学面・環境面・情報面のストレスを改善し、適応力を高められます。

当院は2005年の開業以来、予約制でオステオパシー施術を提供しており、長い目でみた健康回復をお任せ頂いております。

 

オステオパシーの適応範囲は広く、身体の痛みから精神の不調まで多くの改善例がございます。

当院ならではのオステオパシーの症例、健康観などをブログで更新しておりますのでご覧下さい。