Q1:オステオパシーの施術で好転反応は出ますか?

A:治癒回復のための好転反応は誰にでも起こる可能性があります。

好転反応は施術直後から7日ほど、下記の様な症状として出るものが知られています。

・過去の症状、不調の一時的再発
・風邪の前兆の様な倦怠感、熱感
・皮膚や粘膜の荒れ、発疹、排膿
・下痢、腹痛、味覚、食欲の変化
・全身の体臭変化(口臭、便臭、尿臭含む)
・尿と便の増加、頻度が増える
・鼻血、鼻汁、鼻詰まり
・舌苔、歯石、歯茎の汚れが浮き出る
・目が赤くなる、顔色が赤、茶っぽくなる
・生命力のない古い髪が抜け落ちる
溜まった感情の表出、古い記憶の再現

もちろん好転反応は一切起こらず、初回から治癒回復が快適でスムーズにいく場合もあります。施術を定期的に受けたり、心身の回復力が高い方は好転反応は起こりにくい傾向があります。

Q2効果的な施術の間隔や受ける頻度について

A:同じ様な症状でも、各人の持つ生命力、食事面や精神面、環境面でのストレス、エネルギー消費量などによって、経過は全く異なります。

早期に治癒する方の共通点を挙げておきます。

1.体を痛めていた期間がそれほど長くない。
2.痛めてからの初期処置が良かった。
3.現在の生活で、それほど精神的にストレスがない。
4.健全なライフスタイルである(食生活、適度な運動と睡眠、職場と住環境の快適さなど)
5.治るモチベーションが強い。プラス思考である。
6.横になって、すぐリラックスできる。(神経系のオンとオフの切り替え)
7.生活の中で自分を癒し、楽しみ、笑顔でいられる時間がある。
8.薬や健康食品をあまり摂っていない。
9.先入観や疑いを持たずに、他人に身を任せられる。

当院がお勧めする施術間隔としては、初回から5回程度は毎月1~2回程度で、その後は皆様とご相談しながら最適な健康管理をサポートさせて頂きます。

Q3:風邪、生理中、手術、事故、妊娠中、出産後の施術について

A:風邪の初期、熱が上がっている時、悪寒と関節痛が出ている時は自宅静養をお勧めします。

但し、治りが遅く長引いている風邪の症状については、施術を受けた方が治癒回復が早まることが多いです。

手術、事故の直後に来られる場合は、医療機関で処方された薬、痛み止めなどを併用することで回復も早まります。生理中の施術は問題ありませんが、ご自身の体調や気分がすぐれない場合は日程変更して頂いても大丈夫です。

妊娠中の心身のケアは本当に大切ですので、ご出産予定の前月くらいまでの施術はお勧めできます。内臓と骨格の機能バランスをしっかり整え、分娩時に必要な内圧までコントロールできるようにします。

妊娠中は神経調節、血液循環、生命力の分配などが高い質で求められ、それは胎児の健全な発育に役立ちます。出産後は十分に静養して頂き、1ヶ月程度経過してから施術を受けられた方が良いでしょう。

当院の施術を実際に受けられた産婦人科の医師や助産師の方々にも、施術の安全性と効果を認めて頂いております。どうぞご安心下さいませ。

Q4:子供は何歳から施術を受付していますか?

A:0歳から大丈夫です。

強い力や圧迫を加える施術ではありません。特に施術をお勧めするケースは下記の通りです。

妊娠中から出産にかけて何度も逆子になった。
妊娠中に大きなストレス、事故、怪我を患った。
長時間に渡る出産、帝王切開を経験した。
出産後にしばらく意識や呼吸が低下していた。

必ずしも産後すぐに受ける必要はありません。産後回復とお子様の発達過程で気になるようでしたら、いつでもご相談下さいませ。

Q5:骨格や姿勢を矯正する効果はありますか?

A:オステオパシーを定期的に受けている方は明らかな姿勢改善が見受けられます。

猫背、丸背、反腰、ストレートネック、側弯、O脚、X脚などの歪みを、できるだけ負担のないラインに修正していきます。

なお当院では固定器具や矯正器具、強圧や圧迫を伴う施術は一切行いませんので、ご安心下さい。

Q6:なぜ五本指靴下を持参するのですか?

A:足と繋がっている全身の問題が表現され易くなるためです。当院の施術は足の爪や指から、お顔の調整まで行き渡りますので、皆様にご協力をお願いしています。

Q7:領収書は発行可能ですか?

A:はい。おっしゃって頂ければ発行致します。ある程度の期間分をまとめて発行することも可能です。

Q8:英語対応もお願いできますか?

A:代表けいたろが担当させて頂きます。シンプルな英語で接客、施術、説明まで対応可能です。