オステオパシーFloating 神楽坂

新宿区神楽坂、飯田橋のオステオパシーFloating

新宿区の神楽坂、飯田橋エリアで2005年から開業しています。

国際水準で習得したオステオパシー徒手医学の全身施療を、開放的な個室でゆったり受けることができます。

【男女比 4:6】【年齢層20~70代】

【完全予約制】【三密回避の快適施術】

住所東京都新宿区神楽坂6-69うらしまビル6階

アクセス

東西線『神楽坂駅』1番出口 徒歩3分。

➯地上に出たら左へ、神楽坂下ル。

大江戸線『牛込神楽坂駅』A3出口 徒歩3分

➯改札出たら右へ、神楽坂上ル。

『飯田橋駅』『江戸川橋駅』からも徒歩10分以内です。

オステオパシーFloating 麻布十番

港区麻布十番、六本木のオステオパシーFloating

港区の麻布十番、六本木、広尾方面の常連様を中心に、全国各地からお越し頂いております。

Floating本院で腕を磨いた女性院長のAyacoが担当させて頂きます。

【男女比 2:8】【年齢層30~60代】

【完全予約制】【三密回避の快適施術】

住所

東京都港区麻布十番
アクセス詳細はご予約時にお知らせします。

麻布院 Ayaco’s Blogはこちら

アクセス

南北線『麻布十番駅』4番出口から徒歩5分

大江戸線『麻布十番駅』7番出口から徒歩5分

六本木ヒルズからも徒歩5分程度です。

運営元

東京オステオパシーFloating

独立系のオステオパシー専門院として都内首位級。

国際水準で習得したオステオパシー医学とホリスティック療法を基に、心身を整える様々な療法を開発、提供しております。

医療従事者向けの技術講習、一般家庭から店舗・法人向けの空間療法、メンタルヘルスの支援サービスも承っております。

 

【社名】株式会社Floating

【代表】白澤啓

【電話】03-6206-8268

【住所】東京都新宿区神楽坂6-69

【設立】2008年12月

*2005年に個人事業からスタートして法人化。事業内容はこちら

伊豆熱海、伊東市のオステオパシー

沿革・バックグラウンド

  • ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー(全日制3年)を卒業後、日本オステオパシー・メディスン協会内のクリニックで実績を上げて開業。
  • 国際水準のオステオパシー施術(MRO)を認定された専門院となる。
  • 東京大学医学部付属病院 神経内科の第2研究室への研究協力。脳の磁気刺激治療と携帯電磁場が体内に与える影響について医学論文を作成。
  • フランスのオステオパシーの名医Paul Chauffer氏よりメカニカル・リンクという治療法を習得。書籍翻訳と普及活動を支援する。
  • 米国のオステオパシー大学(オハイオ州、ウェストバーニジア州)、カナダのオステオパシー大学を訪問。一流の講師陣から研修、指導を受けてFloatingに導入する。
  • ウィーン・スクール・オブ・オステオパシーの講師陣らから、PhysioEnergetic療法を習得しFloatingに導入。【主に精神療法・食事療法・解毒療法に活かされています】
  • 英国ダウジング協会の講師陣からエネルギーレベルの磁場分析と波動療法を習得。土地や空間と身体のつながり、サトルボディまでの多次元的な分析、調整法をFloatingに導入。【空間療法・対人療法・運気療法などに活かされています】
  • 静岡県伊東市内に保養施設を取得し、テレワーク(主にWebsiteの更新とオンライン・セッション)の拠点とする。
  • 独自開発の身体傾聴法(骨-筋膜-エネルギー場の経年変化をみる探査技術)をもとに、各種コンサルティングのサービスを開始。