Floating(フローティング)のホームページをご覧頂きありがとうございます。

当院はオステオパシー医学の整体院として、東京の神楽坂と麻布十番で開業13年目を迎えました。

当初は骨盤矯正や腰痛・膝痛の治療で医師達から良い評判を頂いたこともあり、医療関係者からの紹介でスタートしました。

私自身は膝痛や腰痛、下半身の痺れや筋力低下、冷え性、うつ病、男性機能低下など、悩んだ時期があります。

当時は大学生でしたが、なけなしのバイト代を全て治療代(医療、整体、鍼灸、ヒーリング、漢方、食養、トレーニングなど)につぎ込み、多くの専門家からサポートを頂きました。

それでも一向に改善せず、エネルギーの枯渇感や無力感、将来の不安感に苦しんだ当時のことを覚えています。

こうした経験が糧となり、クライアント様ひとりひとりに合わせた、繊細な施術のアプローチが発展しました。

クライアント様が日々の緊張やストレスから離れ、深く治癒回復できるようにプライベートな時間と空間を確保し、上質な施術を提供できることが当院の強みです。

フローティングは施術の仕事をライフワークと考える少数精鋭のチームで運営されています。

今後とも皆様からのご依頼、ご支援を承れるよう励み続ける所存です。

お身体のことで気になることや不安な点がございましたら、ご来院の前でも何なりとご相談くださいませ。

主な経歴と職歴

*神奈川県立 多摩高等学校 卒業

*東京外国語大学 卒業
インドネシア語学科 専攻

*美容系商社に約2年勤務。
会員制デイスパの運営、営業担当。

*東京大学医学部附属病院 神経内科の第2研究室に勤務。脳の磁気刺激療法と携帯電波の生理的影響についての研究にかかわる。

*ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシーを卒業。

-国際水準の技術認定MRO(Member of registered Osteopath)習得。

-John Wernham School of Osteopathy(英国)にて海外研修。

-West Virginia School of Osteopathy(米国)にて海外研修。

*オステオパシー協会(JOMA)勤務。併設クリニックで施術を担当。協会主催の技術的な講習活動に多数かかわる。

*Osteopathy Floatingとして独立・開業。

国際水準で通用する施術を目指して

オステオパシー専門校を卒業後は数年に渡り、米国・カナダ・フランスなど海外の一流オステオパスから技術指導を受ける。

フランスのオステオパシー医師Paul Chauffer氏との出会いがきっかけで、フランス式のオステオパシーの施術体系【Mechanical Link】を習得。翻訳許可を得てから国内での書籍出版と普及活動に関わる。

2013年以降は精神面と環境面を含めた、より効果的な施術法について模索するなか、欧州のダウジングの空間療法(土地の磁場分析と調整法)に衝撃を受ける。

イギリスのトップダウザー達からの技術指導を経て、オステオパシーとダウジングを統合した独自メソッドM.D.A【Medical Dowsing Arts】を開発。現在は日々の施術の傍ら、施術家の育成と講習活動も行っている。