オステオパシーの効果は身体の痛み・凝り・痺れ・疲れ・歪み等の改善から、自律神経の失調や不定愁訴、精神面の改善まで多岐に渡ります。

オステオパシーは欧米を中心に約18カ国の代替医療で高い評価を得ており、人体の解剖生理に基づいた安全性の高い手技療法を用います。

繊細な肉体感覚、精神感覚を持つ日本人ほどオステオパシーの効果や経年変化を実感できることでしょう。

オステオパシー効果と適応症

オステオパシーの効果と適応症【肉体面】

  • 首の痛み、頸椎ヘルニア、頚椎症
  • 肩の痛み、肩凝り、背中の痛み
  • 腰の痛み、腰椎ヘルニア、すべり症・椎間板損傷による腰痛
  • 股間節の痛み、股関節脱臼、股関節手術後の歩行の難しさ
  • 膝の痛み、半月板損傷や
  • 内臓のひきつれ、内臓下垂、内臓の冷え

 

オステオパシーの効果と適応症 精神面

オステオパシーの効果と適応症【精神面】

  • 精神的トラウマ、感情の解放や処理が苦手
  • マイナス思考、楽観的にはなれない
  • 心配症、不安症、心配や不安感が強い
  • 自分と他人を比較する、差や違いに苦しむ
  • うつ(鬱)症状、やる気(気力)が出ない
  • 怒り、不満、嫌悪感が溜まる、発散できない
  • 恥ずかしい、罪悪感、自己嫌悪
  • 劣等感、自尊心が低い、自分がない
  • 無視、無関心、興味を持てない
  • 集団、組織、社会に馴染めない、適応障害
  • 自信過剰、他人に強要する、他人を責める
  • 将来が不安で悲観的、人生の方針や方向性が分からない

 

イラストでみるオステオパシーの効果と症例解説

当院のオステオパシー効果と適応範囲は広く、身体の痛みから精神面のケアまで多くの症例が出ています。

自作のイラストを用いて日々の症例を更新しております。下記バナーをクリックしてご覧になって下さい。