オステオパシー施術の定期ケアにおすすめの頻度や施術間隔は?

当院に通われているクライアント様の最近のデータを円グラフでまとめてみました。

ここ3年あまりの概算データにはなりますが、これからご来院や定期ケアをお考えの方のご参考になれば幸いです。

 

当オステオパシーのお客様の年代層

定期ケアのクライアント様のみのデータにはなりますが、30代から50代のクライアント様が約8割です。

コロナ禍の傾向としては、20代以下と60代以上の年代層は減少しました。これには心身や健康面のお悩みを一人で抱えてしまったり、外出を控える生活やオンライン化、対面では他者に相談しにくいという個々の状況も影響しているでしょう。

これまでの経験ではっきり言えるのは、心身の不調や不安を改善するのは若いうちに始めた方が、効果が上がり保ちやすいという点です。

 

当オステオパシー施術の定期ケアの頻度

クライアント様の9割が1~2ヵ月に1回の定期ケアの頻度で通われています。

一般的な整体や治療院に比べて、より少ない施術頻度でも体調が回復し、安定するというお声を多くいただいております。

個人の治癒力や回復力の違いにもよりますが、初診から通い始めの3ヵ月以内は月2回ペースをおすすめしております。

心身の消耗やストレスが多い時期には施術を受ける頻度を増やし、自己流のケアや対処法で悪化させない、慢性化させないようにしましょう。

 

当オステオパシー医学のご来院のきっかけ

クライアント様、ご自身でのウェブ検索が4割を占めています。

大手検索エンジンのGoogle、Yahooでは東京都内のオステオパシー専門院として長年、トップページで掲載されております。

ご紹介に関しては、ご家族やご友人、同僚間でのお声掛けの他に、海外や遠方の医療従事者やヘルスケアの専門家からもご支援を頂いております。

 

この数年のコロナ禍の中で、自身の健康やメンタルヘルスの状態について気軽に相談できたり、適切に教えてくれる人がいない、また相談しても安心感につながらず、将来への不安が募るというケースが増えています。

当オステオパシー医学では、対面でのヘルスケア・サービスを重視し、人の身体を診る基本【問診、視診、脈診、聴診(傾聴)、嗅診、触診】をさらに磨いてまいります。

 

当院が目指しているのは、クライアント様の『治癒力と健康寿命のパフォーマンス向上』です。

健康寿命を長く保てることは自分の周りの家族や仲間の負担を減らすこと、また病気や不調にとらわれる意識や時間、お金、エネルギーの節約につながるので大切なことです。

こうした観点も含めて、30代からはオステオパシーの定期的な施術ケアを推奨しております。