医療従事者のためのオステオパシーの専門ケアとトレーニングを受付開始。

Floating Inc.(東京都新宿区神楽坂6-69 代表:白澤啓)は2021年4月から医師、歯科医師、医療従事者向けのオステオパシーの専門ケアとトレーニングを開始します。

 

職業的な心身のストレスと負担軽減のために、

また高い集中力を必要とする診察と手術の際のパフォーマンス(手と脳、五感から第六感を超えた知覚強化、全身の連動性)の向上のために、

ホリスティック的観点からのオステオパシーケアを提供させていただきます。

 

 

また今後は、医学生や医師向けのオステオパシー徒手療法のトレーニング、オステオパシー診療の新規導入、補完治療としての提携(当院スタッフの派遣、訪問施療含む)、などのご相談にも対応させていただきます。

 

 

オステオパシー医学やホリスティック医療の観点からみた歯科と内臓の関連チャート。

全身への影響を、常に把握しておくことは、クライアントと治療者の双方の安心につながります。

 

 

本場米国におけるオステオパシー徒手医療について

医師(Medical Doctor)とオステオパシー医師(Doctor of Osteopathic Medicine)はどちらも4年制以上の医療教育を受けています。

それぞれの専門分野で治療に必要な投薬や外科手術などが認められています。

オステオパシー医師は西洋医学にはない治療アプローチを持っており、両者は補完関係にあることが知られています。

 

  • オステオパシーは独自の手技治療で全身にアプローチできる。
  • 医療に対するホリスティックな視点とアプローチをもつ。
  • 怪我や病状に対して、手を用いて分析、診断、治療を行える。

 

なお、米国以外の欧州の先進国(イギリス、フランス、ドイツなど)、オーストラリア、ニュージランド、日本などではオステオパシーは3年制以上の専門教育を経て、卒後に医師の資格はありません。

しかしながら、アメリカの医科大学よりも手技療法に特化した教育を受けており、卒後は大きな医療機関に所属せずに独立開業したり、地域のヘルスケア・サービスに従事しているケースが多いです。

 

 

オステオパシー医師にはこんな人達も

実はトランプ前大統領の主治医の一人はオステオパシー医学のドクターです。

コロナウイルス感染からの急回復、その後の代表質問の際にその存在が知られました。

 

バイデン大統領が信頼を寄せるオステオパシー医師(D.O)です。

多大なストレス下の中で、オステオパシーの医療や手技療法などが取り入れられているのは心強いですね。