神楽坂フローティング 代表けいたろのプロフィール

帯編みバー.jpg帯編みバー.jpg

Floating施術者の紹介 / 代表けいたろ Page1

FullSizeRender (17).jpg

代表けいたろのプロフィール


東京外国語大学 インドネシア学科卒業。
所属していた体育会ボート部の練習中の怪我により、腰椎ヘルニア、下半身の痺れと筋力低下、膝の痛み、極度の冷え、胃腸機能低下、男性機能低下などを経験。体調不良と気力低下により大学を2年留年、心を閉ざしながらリハビリ生活を送った。これが施療家を目指す原点となる。

オステオパシー専門校(全日制3年)を卒業し、在学中にオステオパシーの国際水準となるMRO認定試験をクリア。米国、英国、フランスなど海外の一流オステオパスより、数年に渡り技術指導を受ける。

後にダウジングの本場、英国の講師よりダウジングの理論・技術を学び深く感銘。施術法の大きな転換期を経て、『メディカル・ダウジング・アーツ』の施術理論、技術開発を行う。
『レトロ&ナチュラル』をキーワードにFloatingを生命力溢れる場に磨き続けている。

職歴、勤務歴

けいたろ 写真組.jpg

*美容系商社に約2年勤務。
会員制デイスパの運営、営業担当。

*東京大学医学部附属病院
神経内科所属の研究員として2年勤務。
脳の磁気刺激治療の実験協力。
携帯電波の生理的影響の研究協力。

*オステオパシー協会(JOMA)にてスタッフ勤務。
併設クリニックの施術、セミナー開催の補助を行う。
外来患者を主担当、患者様や同業者様からのご紹介多数。

*Osteopathy Floatingとして独立・開業。


aki053.jpg主な習得技術、認定内容の一覧 Page2



アンテイクライン2.jpg