幼児、小児の症例 / フローティング式 オステオパシーによる治癒と療法

帯編みバー2.jpg帯編みバー2.jpg

幼児、小児の症状 | フローティング式 オステオパシーによる治癒と療法

帯編みバー2.jpg帯編みバー2.jpg

Case1
waiya-1.jpg
小児、幼児の施術をご検討の方へ


近年、フローティングではお子さんの施術を依頼される件数が増えてきました。

親と子は鏡の関係で、どちらかに何か変化が起きると、すぐに感じ取ってしまうもの。フローティングでは、中学生以下のお子さんの施術は、まず先にご両親のどちらかが受けて下さいとお願いしています。

その理由は、親が良かれと思って無理矢理連れてきた場合、子供は変化のための準備ができなかったり、潜在的な抵抗を示すことがあるからです。

それより鏡であるご両親のどちらかが、まず受けて頂くことで、遠隔的な調整やヒーリングがお子さんにも入ります。どのタイミングが良いかも、こちらでチェック(ダウジングやキネシオロジーを用いたテスト)してお伝えします。

そして適切な段階でお子さんに施術の話をしてあげると、心地良く受けいれたり、自分から一緒に受けたいと言うようになるでしょう。


最近、お母さん(お父さん)が変わった

優しくなった

怒らなくなった

元気になった

頼もしくなった

疲れた疲れたと言わなくなった

顔色が良くなった

などと、口に出す出さないかは別として、良く感じているようです。

そして、少しでも嫌な感覚があれば、もう施術を受けたくないとハッキリ言うでしょう。

とまあ子供について生意気にも語ってしまいましたが、1番の子供は私であります(笑)

アンテイクライン2.jpg

Case2
waiya-1.jpg
ハイハイが上手くできない


先日はクライアントさんが、可愛い赤ちゃんを連れて来られました。

ハイハイが上手くできていないのが気になるとのことでして。右股関節の動きが悪く、膝を引きずるようにハイハイするようです。

でも先天性股関節脱臼ということではないらしい。実際に少し動いてもらうのを確認すると、確かに右股関節だけ動き辛そうでした。

何が起きていたのでしょうか?カルテの記録を振り返ってみましょう。


waiya-1.jpg
オステオパシー&M.D.A療法の診方、整え方

●右肘の固着

まずうつ伏せで動き回る赤ちゃんの右側の股関節に触れながら、体の潜在的な要求を読み取りますと右肘の制限があるのが分かります。実際に触るとかなりの固着と可動制限がありました。これはハイハイの姿勢になった時に、手足(四肢)の協調運動の性能が低下する要因でした。

多分、ハイハイをしながら脳や中枢神経ではかなり緊張を感じていたものと思います。これを手技で解除しました。


●大腸と肝臓の機能低下

次は大腸(盲腸周辺)のストレス反応が示されました。内臓側の筋膜固着により股関節の歪みと動きの制限が出ていることが分かりました。

掘り下げると、大腸と肝臓の調整の要求は生物化学レベルにありました。

肝臓からはカビと真菌類の反応、これと関連した問題として膀胱の過緊張があることも分かりました。
ママにも脇腹やお腹に触れて確認してもらいましたが、赤ちゃんのお腹のわりには深部がカチコチでした。
また肝臓と盲腸周辺の固着により、右半身の浮腫みも目立っていました。

抗菌と解毒循環をサポートするホメオパシーとハーバルレメディを使用します。
(波動共鳴装置を使用し、実際には摂取させませんが、これで十分効果があります)


●頸椎制限

上記の調整を行なうと、首(頸椎3番)で固着が残りました。今が治療のタイミングですので、手技治療で解除します。
ここは自立神経全体のバランスを修正できる場所でもあります。す、すると予想通り、大泣きしてしまいました。
泣くことで停滞しているエネルギーが発散されます。肝臓の固着と停滞がきれいに解放されていくのが、触診で分かりました。


●寝室のジェオパシックストレス

股関節とお腹に触れながら、その先の自律調節の要求を受け取ります。すぐにオーラ層のある領域で空間的な磁場の乱れを感知します。

遠隔ダウジングにより、これは寝室の問題であることが分かりました。掘り下げて分析すると、


・寝室で水磁場の混乱
・電化製品への過敏性

が示されました。

これらの問題はともに、太陽神経叢から下のレベルでの自律調節の働きを乱していました。そのため泌尿器科への負担も出ていたと思われます。

後日、お母様とメールでやり取りをしたところ

『まだハイハイはぎこちないけど、前よりも早く楽そうに動けている』

とのこと。またその他の嬉しい変化として

『ハイハイしながら前よりも笑いかけてくれるようになった!』

そうです。

もう1回くらいは調整が役立つと思いましたので、引き続き良い経過をお祈りしています。

施術の方法・順序・量はクライアントの心身の状態、治癒力の反応によって毎回異なります。
当院では、施術後の自然治癒が安全に得られる方法で、毎回オーダーメイドの施術を行います。